当初は、1992年11月、故谷尾欽也氏が開設した美術館でした。昭和初期に建てられた洋館造りの医院を外観はそのままに内部を改装し、また1998年に新館を増設してモダンな雰囲気を演出した洒落たたたずまいで注目を集めていました。
2000年3月にご遺族から美術館と作品の寄贈を受け、2001年4月、直方市美術館(直方谷尾美術館)としてオープンいたしました。
 直方市は、江戸時代より長崎街道の主要都市として栄えた直方藩の城下町。当館はその中心的位置にあり、直方歳時館・ユメニティのおがた・図書館の文化施設などとともに、新たな文化交流の場としてご利用ください。
 ①本館展示室
年間を通じて収蔵品を展示しています。
作品は定期的に入れ替えを行っています。
 ②新館展示室
季節毎にテーマをもった展示を行います。
秋は市民の皆さまが芸術を通してたくさんの方とふれあいが持てるように個展、グループ展、文化祭など新館すべてのスペースをご利用いただけます。
 ③休憩室
暖かい雰囲気に満ちた休憩室。
画集をめくりながら、ゆっくりと時間を過ごしてみては?
 ④茶室
新館展示室の先には庭と本格的な茶室があります。
見学は自由です。
 当館の秋の展示会は、市民の皆さまが芸術を通してたくさんの方とふれあいが持てるように個展、グループ展、文化祭など新館すべてのスペースをご利用いただけます。
  ただし、当館主催の会期や希望の開催日・会場など考慮のうえ希望の利用期間を調整させていただく場合もあります。
会期は1週間が基本で、月曜日飾付、火曜日から日曜日展示となります。
料金等、詳しい内容は直方谷尾美術館事務局までお問い合わせください。


直方谷尾美術館事務局
〒822-0017 直方市殿町10-35 
TEL 0949-22-0038
FAX 0949-22-0513
fudetarou
©Copyright Nogata Tanio Art Museum
直方谷尾美術館
直方市殿町10-35 TEL.0949-22-0038